【折り方付き】折り紙で作るペンケース型ボックスの折り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

折り紙で折る細長いボックスは、そんなに難しくないのに、しっかりとした箱になって便利です^^

少し厚手の紙で折れば、ちょっとした収納にも使えます。

私は編み物などもやるので、かぎ針やレース針を種類ごとにボックスに入れて収納したりもしていますが、これがなかなか便利^^

ペンなどの文房具などをしまっておくのにも使えます。

ちなみに折り方は海外の折り紙サイトで見つけたもの。

http://www.paperkawaii.com/2015/08/04/origami-pencil-box-video-tutorial/

全て英語ですが、動画もありますので、そちらを見ていただいても折れると思います。

スポンサードリンク

折り紙ペンケースの完成写真と材料

IMG_0586_R

手前の小さいのは普通の15㎝四方の折り紙サイズで作ったもの、奥の白っぽいのは21㎝四方の厚紙で作ったものです。

IMG_0587_R

ふたを開けるとこんな感じ↑

大きい方はシャープやボールペンサイズが収納できます。

材料&道具は…

折り紙(なるべく厚手のもの)

定規 鉛筆やシャーペン のり

折り紙はなるべく厚手のものの方がしっかりした箱になります。

手前の水玉の折り紙は、ダイソーで買ったもの。

普通の折り紙に比べ、両面にプリントされているので厚手です。

奥のは、画材屋さんで買ったかなりしっかりした厚紙。

厚紙は折るのが大変なので、まずは折り紙で練習してからの方がよさそうです。

折り紙ペンケースの折り方

※ 緑色の水玉の面が裏、ピンクや赤・緑・黄色などの水玉の面が表になります。

① 折り紙の裏を上にして、1辺を7等分に分け、鉛筆などで印をつけます。

IMG_0565_R

普通の折り紙サイズ(1辺15㎝)だと、7で割ると2.14…なので、2.1㎝と2.2㎝の間ぐらいに印をつけるといいと思います。

1辺21㎝だと3㎝ごとに印をつけてください。

② 印をつけたところをすべて谷折りして、折り目をつけます。

IMG_0566_R

③ 折り紙を90度回して、4隅を線に合わせて三角に折り、折り目をつけます。

IMG_0567_R

④ 1番下の折り目に沿って折り、折り目をつけます。

IMG_0568_R

⑤ 左右を三角の線に沿って折り、折り目をつけます。

IMG_0570_R

IMG_0571_R

IMG_0572_R

⑥ 表に返し、点線の位置に折り目をつけます。

IMG_0573_R

IMG_0574_R

⑦ 折り目をつけたら、もう一度裏返します。

全ての折り目がついたら、こんな感じ↓

点線が谷折り、実線が山折りです。

IMG_0575_R

⑧ ここからいよいよつけておいた折り線をたたみながら、ペンケースの形を作っていきます。

下の三角を折り、さらに一番下の線を畳みます。

IMG_0576_R

IMG_0577_R

⑩ くるっと上下を返して、両端の折り線に沿って、折りあげます。

IMG_0578_R

⑪ ⑥でつけた折り線に沿って折り、IMG_0579_R

手前の部分を折り込みます。

IMG_0581_R

⑫ 残った三角部分を内側に折り込んだら、完成です。

IMG_0582_R

IMG_0584_R

⑬ このままだとパカパカしてしまうので、必要に応じて、糊で三角部分や箱の中の折り込んだところを貼りつけてもOKです。

IMG_0585_R

糊で固定すると、しっかりした箱になります。

ブログランキングに参加中^^

ぜひぜひポチッとお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です